雨の日の髪は思い通りにならない、朝ふんわりセットしても外に出たらペタッとしてしまう…。そんな雨の日のヘアスタイルについてのお悩みは尽きません。梅雨など長雨の季節になると毎日のことになり、うんざりしますね…。

さて、アナタの髪は今どんな状態ですか。うねったり広がったりしている髪は、実は乾燥しているのです。

こんなにペタッとしたり、ベタついているのに乾燥している???と不思議に思うかもしれませんが、傷んだ髪こそうねったり広がったりします。

乾燥した髪こそ、うねり・広がりが発生する

髪の表面にはキューティクルというウロコ状のタンパク質が張り付いており、髪を保護しています。しかしこのキューティクルが傷つき、剥がれることによって髪の内部の水分が逃げやすくなり髪が乾燥し、パサついてしまいます。
外気に水分が多い・湿度の高い季節になると、逆にこのキューティクルが剥がれた部分から周囲の水分を吸収してしまい、髪が膨張するために髪が広がってしまいます。

さらに、髪にはもともと遺伝性のある「クセ」があることが多いため、水分を含んで膨張した髪はそのクセが大きく影響してうねってしまうことがあります。うねることで余計にまとまりにくくなります。

キューティクルが剥がれ髪が傷むことで、髪は乾燥もするし、うねりや広がりが発生することもあるのです。

また、こうした湿度の高い季節には汗をかいたり頭皮環境もよくないため、皮脂が過剰に出てしまうこともあります。髪の根元が皮脂でベタベタしてしまうと髪はふんわり仕上がりませんし、こうした頭皮を放置しておくと頭皮トラブルを起こして抜け毛の原因となり、ボリュームが減って良いスタイルをキープすることが出来なくなくなったりもしますのでご注意ください。

乾燥を抑えるにはトリートメント、過剰な皮脂には頭皮クレンジングを

髪の表面を覆うキューティクルは濡れた状態だと剥がれやすくなっており、洗髪の際にはこすり洗いをしないようにしましょう。そのためには泡立ちの良いシャンプーを使用し、頭皮を洗って残った泡を手ぐしで通すくらいのやさしさで髪を洗います。髪を濡らす前に丁寧にブラッシングしたり、シャンプーの泡を付ける前にしっかりとお湯で流すことで大方のホコリなどの汚れは落ちますので、髪自体はこのくらいのやさしい洗い方で充分です。

頭皮のベタつきが気になるときは、シャンプー前に頭皮クレンジングを刷るのがおすすめです。過剰な皮脂を取り除いてから泡立ちの良いシャンプーを使うことで、泡を過剰な油分でたれさせることなく、効率よくシャンプーが出来ます。

髪の乾燥対策としては「インバス」「アウトバス」の2種類のトリートメントがおすすめです。通常の洗い流すタイプのトリートメントは髪の内部を保湿し、潤いを与えます。また、「洗い流さないトリートメント」、「アウトバストリートメント」と呼ばれるものは髪の表面を保護するので、内部に水分をとどめておく役割を果たします。内・外、両側からのトリートメントをしっかり行うことで、髪の乾燥を防ぎ、うねり・広がりをも阻止します。

頭皮クレンジング

頭皮クレンジング 商品詳細はこちらから

薬用スカルプシャンプー

薬用スカルプシャンプー 商品詳細はこちらから

トリートメント(インバス)

レフィーネ トリートメント 商品詳細はこちらから

洗い流さないトリートメント

レフィーネ 洗い流さないトリートメント 商品詳細はこちらから

\今、開催中の特集・キャンペーンはこちらから/

白髪染めとヘアケア、スキンケアのことなら
【レフィーネ公式ストア】


各種モールでもお買い物できます
レフィーネ公式ストア楽天市場店
レフィーネ公式ストアYahoo!ショッピング店