髪が乾燥してパサパサしてくると、くたびれて見えたり、どんなにおしゃれをしても垢抜けない印象になります。乾燥に負けない、新しい習慣を取り入れませんか。

シャンプーは泡立てて

冬は頭皮の皮脂量が少なくなり、角質が剥がれやすくなるため意外とフケが出やすい季節です。洗浄力が強すぎるシャンプーは皮脂を過剰にとってしまいますので、フケやかゆみが気になる人は、ナチュラルな洗浄成分を配合したシャンプーに変えましょう。洗うときはしっかり泡立てて、髪をこすらないように洗うことがポイント。濡れた髪はキューティクルが傷つきやすいため、シャンプーの泡をクッションにしてダメージを防ぎます。また、泡が汚れを吸着して落としますので、液体のまま髪や頭皮にシャンプーをつけるのはNGですし、もったいない使い方です。

レフィーネ 薬用スカルプシャンプー

商品詳細はこちらから

キメの細かい泡が立ちやすいシャンプーがおすすめです。

トリートメントで潤いを閉じ込める

シャンプー後は髪が水分を含んだ状態。空気に触れることで徐々に水分は抜けていきます。乾燥している季節は特に髪の中の水分が奪われがち。髪を洗った後の最も水分を含んだ状態をキープして潤いを閉じ込めることが大切です。

トリートメントは塗布したあと温めると効果的。お風呂の中は温度が高く、トリートメントを行うには適しています。塗布したあとはホットタオルを巻き、上からビニールキャップをかぶるとさらに効果が見込めます。注意すべきなのは、塗布する箇所。傷んだり、パサつきやすい毛先を中心に、髪の根元や頭皮にはつけないように注意。ヘアトリートメントは髪の状態を整えるためのものですので、頭皮につけてしまうとトラブルの原因になることも。正しい用法で使用しましょう。

レフィーネ トリートメント

商品詳細はこちらから

ボタニカル成分で、ノンシリコンなのにふんわりサラサラに仕上がるトリートメント

ドライヤーで「根元を立ち上げる」

洗髪後は、すばやく乾かすことも必要です。頭皮を生乾きの状態にしておくと雑菌が発生し、頭皮トラブルの原因になります。水分が滴らない状態までタオルドライしたのち、ドライヤーの温風でまず地肌付近から髪を乾かします。髪を指でかき分けるようにして、温風を髪と髪の間に入れていきます。①箇所だけが熱くならないように、ドライヤーは20cmくらい離し、常に左右に振って乾かしていきましょう。

髪が「薄く」見えるのは、抜け毛で髪が減っているというよりも、ケアの仕方でぺしゃんこになっているのが原因かもしれません。毛髪は熱風を充てると柔らかくなり、冷風を当てるとキューティクルが締まり、作ったスタイルをキープすることが出来ます。この原理を利用して、冷風の段階で根元を立ち上げましょう。

根元に冷風を当ててボリューム感をキープ

髪がぺしゃんこに見えるは原因は、根元が寝てしまっているから。髪の流れに逆らう方向から風を当てれば根元が立ち上がり、ふんわり髪をつくることが出来ます。

Nobby マイナスイオンヘアドライヤー NB3100

商品詳細はこちらから

プロが使う速乾ドライヤー。大風速17m/秒 でハイパワー!1500Wでパワフルスピードドライ。

レフィーネ スタイリングミスト

商品詳細はこちらから

カールもストレートも思いのまま。キープスタイリング処方でヘアスタイルを固めず長時間キープ。

\今、開催中の特集・キャンペーンはこちらから/

白髪染めとヘアケア、スキンケアのことなら
【レフィーネ公式ストア】


各種モールでもお買い物できます
レフィーネ公式ストア楽天市場店
レフィーネ公式ストアYahoo!ショッピング店