「シャンプー、ちゃんとしてるのに」「念入りにヘアケアしてるのに」
それなのに乾燥したり脂っぽくなったりする頭皮。もしかしたらそれ、ケア方法を間違えているかも!?毛髪診断士がお悩みにお答えします

秋は抜け毛が増える季節。しかも、秋から冬へ変わり目なので、気温差などのせいで身体にも影響が及びやすい時期です。お客様からのヘアケアのお悩みも増えているようです。

お悩み:シャンプーしているのに、朝起きると髪の根元がベタベタしている

正しいシャンプーができていますか?

シャンプーしているつもりでも、もしかしたら正しく洗えていないのかもしれません。頭皮も髪も、爪を立ててゴシゴシあらうのはNG。でも指で頭皮を撫でるだけでは落としきれていません。毛穴にたまる汚れはニオイのもとになるアポクリン腺由来のものもありますので、毛穴の奥から汚れを揉みだすようにして、「頭皮」を洗いましょう。シャンプー前に頭皮クレンジングを使用するのもおすすめです。また、毛穴汚れがきちんと落ちていないと、育毛剤の効果も期待できません。

トリートメントは毛先中心につけていますか?

ヘアトリートメントやコンディショナーは、髪の毛先を中心につけるものです。髪の根元にまでつけてしまっていませんか?頭皮に近い部分に塗っていませんか?それが落としきれていないと汚れのもとになりますし、毛穴づまりを起こせば薄毛の原因にもなりかねません。根元には付けず、毛先中心になじませ、しっかりとすすぎましょう。

お悩み:シャンプーしているのに、頭皮ムズムズ

しっかり洗い流していますか?

シャンプー、もしくはトリートメントやコンディショナーをしっかり洗い流していますか?シャンプーの泡は汚れを髪や頭皮から吸着して引き剥がします。その泡をしっかりと流さないと汚れはとれません。シャンプーで洗っている倍の時間を目安にシャワーでしっかりと落としましょう。

洗いすぎていませんか?

皮脂や毛穴汚れは頭皮や髪のトラブルの原因になることがあり、しっかりと洗浄したいのですが、脱脂力の強いシャンプーを使って皮脂を落としすぎてしまうのも逆効果です。頭皮にある毛穴からは、汗のほか皮脂もでます。この皮脂の成分の一部は、毛穴にある酵素とあわさって「皮表皮質」として存在し、皮膚を守っています。つまり、皮脂は不要なものではないので、必要以上に除去しすぎると皮脂が分泌されて、結果的に過剰になってしまいニオイの原因になります。
洗浄力が適切なシャンプーを使ったり、育毛剤や頭皮用美容液を使って頭皮を保湿することが大切です。

毛髪診断士からのアドバイス

  • シャンプーする際は、頭皮の毛穴汚れを揉みだすようにして洗い流しましょう。
  • トリートメントは毛先中心に塗布しましょう。
  • シャンプーは、洗った時間の倍の時間をかけてしっかりとすすぎましょう。
  • 洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎないようにしましょう。かえってトラブルを招く原因になります。
  • お得でお役立ちなレフィーネのスペシャルトピック
    2018年10月31日(水)am9:59までのキャンペーンです

    safe_image
    白髪染めとヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ