出産は女性のライフサイクルの中でも最大のイベントのひとつです。身体的な変化だけでなく、生活環境の変化も一気に訪れるため、心身に大きく影響するライフイベントといえるでしょう。それを照明するように、出産後、白髪が増えたり、脱毛・抜け毛に悩まされる女性は少なくありません。

その理由には、ホルモンバランスの影響が考えられます。

出産後の白髪・脱毛は妊娠中のホルモン状態の影響

女性が妊娠すると、体内の女性ホルモン(エストロゲン)は普段の100~1000倍に増えます。そのため妊娠中は、すでに生えている毛は抜けづらくなります。

ところが、出産を終えると女性本来のホルモン状態に戻るため、ヘアサイクルの成長期が延長されていた(抜けづらくなっていた)毛包(髪の元になる部分)が一気に休止期に入ってしまい脱毛します(分娩後脱毛症)。産後2~5ヶ月後から始まり、前頭部を中心にびまん性に脱毛します。程度は人により異なりますが、激しい場合には頭髪のの半分程度にも及ぶことがあるようです。こうした分娩後脱毛症は、ホルモンバランスの以上による一過性の脱毛で、ヘアサイクルが正しく戻ってくれば約半年で元に戻ります。
また、そうして抜けた毛が生えてくるときに白髪になったり、毛包部分にかかったストレスにより白髪になってしまうことがあります。白髪になってしまった髪は、ほとんど黒くは戻らないので、白髪のケアが必要になります。

▼ヘアサイクルについての詳しい説明はこちら▼

育毛剤、まずは「半年続ける」ことが大切

白髪はライフスタイルの変化も影響

出産後は生活環境も大きく変化します。

赤ちゃんと二人きりで家の中で過ごす時間が増えたり、授乳や夜泣きで夜中に起きたり…と、今までと同じようには過ごせなくなることも多いでしょう。そうした生活の変化がストレスになり、ストレスが頭皮の血行不良を招いて、白髪になるわけです。

そもそも出産は、相当な体力を使います。その負担がストレスとなって毛髪に影響することも考えられます。難しいことかもしれませんが、なるべくストレスがたまらないように過ごすための努力が必要です。本人だけでなく、周囲の人にも理解が欲しいところです。そしてその間、白髪が増えたことを気にしていると、さらにストレスが溜まってしまうので、気分転換に染めることもオススメです。

染める際のニオイなどもストレスのない、リフレッシュしながら使える白髪染めを選ぶことも大切なことです。

リフレッシュのための白髪染め

出産後のリフレッシュに是非お使いいただきたい白髪染めトリートメント

頭皮ケアもできるヘッドスパカラー

*****

ヘアケア専門店レフィーネ