シャンプーにはこだわりを持っている方は多いと思います。オーガニック、ノンシリコンなど成分のこだわりや、香りや清涼感などの使い心地など、こだわるポイントは多岐にわたります。
そのうち私たちが提案したいのは、シャンプーの手順です。こだわりのシャンプーを手に取り、両手になじませて髪の真ん中あたりからゴシゴシ…。このような洗い方をしてはいませんか。

シャンプー中の濡れた髪をこするのはNG

毛髪は表面をキューティクルというウロコ状のタンパク質で覆われています。このキューティクルは濡れた状態だと剥がれやすくなっており、剥がれてしまうとそこから髪内部に保水力が失われ乾燥してぱさぱさになってしまいます。シャンプー中はなるべく髪をこすらないように洗うことが大切です。

シャンプー中に髪を傷めないための手順

シャンプー前にブラッシング

特に髪の長い方は実践していただきたいのがシャンプー前のブラッシング。髪についたホコリなどの汚れを落とし、髪の絡まりなどを解いておくのが目的です。ブラッシングの際に頭皮マサージの出来るような、ブラシの毛の先が丸くなっているものを使って、軽く頭皮マッサージしておくのも効果的。頭皮についた汚れや毛穴の皮脂汚れを落としやすく刷ることが出来ます。

頭皮マッサージの出来るブラシ

竹ピンブラシ 商品詳細はこちらから

シャンプー前のクレンジング

メイク・お化粧を思い浮かべていただくとわかりやすいのですが、洗顔をするまえにメイクのオイル部分をクレンジングで落としますよね。その後、肌に良い洗顔を行うと思います。頭皮も同じように、シャンプー前に頭皮のクレンジングを行うと、余分な皮脂汚れを除去することが出来ます。シャンプーは泡立てて使いますが、油分に触れると泡はへたってしまいます。ところが先に頭皮クレンジングで余分な脂分を洗い流しておくと、泡立てたシャンプーが長持ちし、シャンプーに入っている成分が効果を発揮させることが出来るのです。こだわりをもって、良いシャンプーを使う方ほど、この頭皮クレンジングがとても大切です。

頭皮クレンジング

頭皮クレンジング 商品詳細はこちらから

シャンプーは泡立てる

シャンプーは原液のまま髪につけず、手のひらの上で一旦泡立ててから、毛の根元に泡を置くようにして頭皮から洗い始めるのが正しいシャンプーの方法。すでにお伝えしましたように髪は濡れると傷みやすく、こすらないように洗う必要があります。頭皮を洗って皮脂汚れを落としたら、残った泡を手ぐしで根元から毛先へ滑らせるようにします。洗うのはこれだけでOK。頭皮が脂っぽいままだとこの泡が途中でへたってしまうため、泡を長持ちさせるためにも頭皮クレンジングが必要なのです。

シャンプー専用の泡立てネット

レフィーネ泡立てネット商品詳細はこちらから

こだわり成分のシャンプー

薬用スカルプシャンプー 商品詳細はこちらから
coboジュレシャンプー 商品詳細はこちらから

もちろん、上記のシャンプーである必要はありません。ただ、手順を守って美しい髪をキープしていただきたいのです。ぜひ、普段ご利用のこだわりシャンプーで、実践してみてくださいね。

\今、開催中の特集・キャンペーンはこちらから/

白髪染めとヘアケア、スキンケアのことなら
【レフィーネ公式ストア】


各種モールでもお買い物できます
レフィーネ公式ストア楽天市場店
レフィーネ公式ストアYahoo!ショッピング店