こんにちは。
ヘアケア専門店レフィーネです。

近年、定着しつつある「オイル美容」。

オイルなんて使うとベタベタしてしまうのでは・・・と思いますが

肌の表面には、レンガのように並ぶ角質細胞と、

その細胞同士の間でノリのような働きをする細胞間脂質というものがあります。

その名の通り、細胞間脂質は油溶性なので、オイルとは相性が良いのです。

細胞間脂質は、髪で言えばキューティクル同士をつなげているもの。

髪の内部のコルテックスから潤いを逃さないために

キューティクルを整えるのに役立つのがオイルなのです。

そんな、髪を補修しサラサラの髪に仕上げる

5種のオイルを配合したシャンプーがあります。

coboジュレシャンプー商品詳細はこちらから


配合されている5種類のオイルとは・・・

■ つばきオイル

古来より髪に良いとされている椿油。平安時代にはすでに使われていたようです。主な成分はオレイン酸で、皮脂の成分に近く、抗酸化作用があると言われています。

■ スクワラン

スクワランは私達の身体の中で生成されており、皮脂にも含まれているそうです。もっとも皮脂に近い保湿美容液といえますね。

■ マカデミアナッツオイル

マカデミアナッツから抽出されたオイルで、パルミトオレイン酸とオレイン酸が含まれています。パルトミオレイン酸はもともと私達の肌に存在する成分なので馴染みやすいのが特徴です。

■ ホホバオイル

主成分は「ワックスエステル」で、皮脂を構成する成分のうちの一つと言われており、肌や髪に馴染みやすく、油分を補い、潤いを保つ働きがあります。

■ グレープシードオイル

ポリフェノールが含まれているので抗酸化作用があると言われており、またオレイン酸やその他の美容成分も豊富なので、髪や肌にやさしいオイルです。

こうした5種のオイルが洗いながら髪を補修し、

さっぱり、サラサラの髪にしてくれます。

ぜひ、この季節にお試しくださいね。

safe_image

白髪染めとヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ

楽天市場店
Yahoo!ショッピング店