当たり前のように毎日シャンプーをしている現代の私達ですが、それは「毎日シャンプーをして頭皮と髪を清潔に保つ」ことが頭皮や髪の健康にもいいことがわかっているからですし、衛生観念がそこまで到達していると言えます。昔から同じ衛生観念だったかというと、どうやらそれは違うようです。

江戸時代の洗髪は、なんと月に1回程度

日本髪が結われていた江戸時代は1ヶ月に1度程度しか髪を洗わなかったそうです。

江戸の女性はそれでも夏になると洗髪回数が増えたと書かれた史料もありますが京坂の女性や、江戸でも御殿女中などはあまり髪を洗わず、櫛で梳かし匂い油を使うという記述があるそうで、洗髪頻度は季節や地域によって差はあれど今のような衛生観念とは違っていたようです。

時代は下り、大正から昭和初期にかけて初めて「シャンプー」の名がついた商品が販売されました。

当時の広告には「せめて月二回は!」と書かれており、その後数十年かけて「週一度」「5日に1度」と徐々に広告上での洗髪回数が短くなっていきます。

毎日のシャンプーが謳われるようになったのは1980年代に入ってからのようです。この頃は「朝シャン」ブームまでありました。

時代を経て、髪を洗うことに対する意識が変化し、清潔な習慣が根付いたのだと言えます。

毎日のシャンプーで頭皮を清潔に保ちましょう

シャンプーの目的は「頭皮の皮脂汚れを取り除くこと」です。

頭皮の皮脂は額から分泌される皮脂の約2倍。

1日~2日放置して皮脂が酸化すると、臭いや地肌トラブルを引き起こしやすくなります。

「洗いすぎて必要な皮脂も取ってしまうのでは」と不安のお声もいただきますが、皮脂は留まることなく出続けますので、よほど洗浄力の強いシャンプーを使わない限り心配されなくても大丈夫です。

しかし、注意したいのはその時間。

80年代に流行した「朝シャン」が、今は推奨されてない理由をご存知ですか?シャンプーしたての頭皮はまだ充分に必要な皮脂で保護されていない状態です。そのまま外出して紫外線を浴びたりすると頭皮へのダメージが心配です。シャンプーは、1日の汚れを落とすという意味でも、夜に行いましょう。

頭皮に優しいシャンプーを使いましょう

レフィーネカラーセーブシャンプー



商品詳細はこちら

レフィーネ coboジュレシャンプー



商品詳細はこちら

レフィーネ 薬用スカルプシャンプー



商品詳細はこちら

ぜひ、ヘアケア専門店のシャンプーをご利用ください。

*****
ヘアケア専門店レフィーネ