シャンプーは毎日使うものですし、その成分はとても気になります。

特に「界面活性剤」は、髪が傷む、身体に良くないと思われていることが多い成分です。レフィーネのシャンプーは泡立ちを良くしてあるため、心配されるユーザーの方もいらっしゃいます。

しかし、一口に界面活性剤といってもすべてが悪いとはいえません。

まず、界面活性剤にはどのような働きがあるのかをご理解ください。

 

界面活性剤とは

界面活性剤には下記の作用があります。

浸透作用

水にウールなどの繊維を入れてもなかなか水がしみこみませんが、界面活性剤を混ぜた水の中に入れるとすばやくしみこみます。これは界面活性剤の浸透作用によるものです。

分散作用

油のような水に溶けないものでも、界面活性剤の分子に取り込まれると、水中に分散します。水になじまない物質を水中に散らばらせる作用を分散作用といいます。

乳化作用

水と油という本来溶け合わず、分離してしまうものの間を取り持ち、均一に混ぜ合わせることが出来ます。これが乳化作用です。

起泡作用

泡とは、空気が液体の薄い膜で包まれたものを言います。界面活性剤が溶けている水は表面張力が低く、膜が出来やすく 破れにくい状態にあります。これが起泡作用と呼ばれるものです。

洗浄作用

上記の作用で、洗浄を行います。油分などの汚れに吸着し、これに揉むなどの力を加えると、油分などの汚れが引き剥がされます。乳化されたものは水中に分散され、再付着を防止します。これが洗浄の仕組みです。つまり、洗浄するためには界面活性剤が必要です。多くのシャンプーに界面活性剤が使用されているのはこのためです。

 

泡立つシャンプーは髪によくない?

ネット上のコラムなどでは、界面活性剤の入ったシャンプーが髪に悪く、害悪であるといわれていることがあります。これは本当なのでしょうか。

まず、泡立ちが良い悪いの話をする前に、髪を傷める原因は「泡立つシャンプー」ではなく「成分」と「洗い方」であることをお伝えせねばなりません。

シャンプーの泡は汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役目も果たします。液体のシャンプーはむしろきちんと泡立てないと、髪に摩擦が生じて傷みの原因になったり、頭皮に直接シャンプーの原液が付くことで肌トラブルを起こすことも。また、髪の痛みはシャンプーの成分でとても左右されます。どんなシャンプーでも洗浄力が強すぎる安価なシャンプーは髪や頭皮を傷めます。すべりを良くするためにジメチコン等のシリコンを配合しているクリーム状のシャンプー もあるようです。

どの種類のシャンプーでも共通して言えることは「髪ではなく頭皮を洗うもの」。液体のシャンプーはきちんと泡立てて 、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

泡をつくる「界面活性剤」は髪に良くない?

さてここで本題です。界面活性剤は髪を傷める原因になったり、身体に良くないのでしょうか。その回答は、どの成分で も品質によるので、すべてをひとまとめにして「良い」「悪い」と言えません。

ですが、「ラウリル硫酸Na」や「ラウレス硫酸Na」などの洗浄力・脱脂力が強すぎる成分が入っているシャンプーはなるべく避けて、優しい成分のものをお選びいただいたほうが安心です。「ラウリル硫酸Na」は、石けんの泡が立ちにくい硬水でも泡立ちがよいのですが、刺激が強く毒性があるとも言われ、過去に肌トラブルも多く起きたようです。その弱点を改 善したものが「ラウレス硫酸Na」です。しかし洗浄力は強く、髪や頭皮にダメージを与えていることには変わりません。 その後、代わりになる界面活性剤が出ていますが、どれも高価です。

泡でゴシゴシ洗うと髪が傷む?

そもそもシャンプーは頭皮を洗うもの。髪をゴシゴシこすってしまうと何を使っても傷みます。

髪の表面を覆っているキューティクルは水に弱く、濡れた状態で摩擦が起きるとキューティクルが剥がれてしまいます。
剥がれたところから髪内部の水分が流出し、乾燥やうねりの原因になることも。濡れた髪は出来るだけ丁寧に扱うことが 必要です。頭皮を洗った後に残った泡を、手ぐしで優しくすべらせる程度で髪の汚れはきれいに落ちます。摩擦を最低限に抑えるためにも、なるべくきちんと泡立ててご使用ください。

レフィーネのシャンプーで使用している界面活性剤

ラウレス-4カルボン酸Na

弱賛成の石けん系洗浄剤で低刺激。高級な成分なので、市販のシャンプーにはほとんど使われていません。

この成分が使用されているレフィーネシャンプー

【カラーセーブシャンプー】

髪を補修しながら、カラーリングの色を長持ちさせます。

 

ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸

医薬部外品に使用される、タンパク変性作用のない、頭皮に優しい洗浄成分です。

この成分が使用されているレフィーネシャンプー

【薬用スカルプシャンプー】

髪の仕上がりのことも考えた頭皮用シャンプー。

 

 

レフィーネのシャンプーの泡立ちが良いのは、少しでも髪に負担をかけないようにしているためなのです。そして、それに使用しているのは髪に優しい界面活性剤です。「界面活性剤を使っているからNG!」ではなく、どんな種類の成分なのかをしっかり見極めて、シャンプーは選びたいものですね。

*****

ヘアケア専門店レフィーネ