レモングラスの香りといえば、フレッシュな柑橘系の香りを思い出す方もいらっしゃるかもしれませんが、レモングラス自体は柑橘系ではありません。イネ科で、細長い葉を持つ草で、香りがレモンなので「レモングラス」と呼ばれています。レモングラスの葉はタイ料理などでは食用に用いられており、食欲増進や消化を助けるなどの作用があるとされています。

レモングラス精油(エッセンシャルオイル)

この葉を水蒸気で蒸留して作られるのがレモングラスのエッセンシャルオイル(精油)です。香りは柑橘系ですが、柑橘系精油の多くが果皮を圧搾してつくられて光毒性を持つのに対し、レモングラス精油は光毒性を持ちません。光毒性を持つ精油の使用後は紫外線に当たらないようにしなければなりませんが、レモングラスは気にする必要がないため、朝につかうような目覚ましのためのリフレッシュや化粧品に使用するのに適しています。

レモングラスのレモンの香りには「シトラール」という主成分が関係しており、これは柑橘系の精油にも含まれている成分です。レモングラスのほかには、レモンバームに多く含まれています。抗菌作用があり、虫の忌避効果も認められています。ただし、シトラールは皮膚刺激があるので使用量には注意が必要です。

ヘアケアに使えるレモングラス精油

レモングラス精油には皮脂バランスを調整する作用、収れん作用と殺菌作用がありますので、頭皮ケアに向いています。とくに脂性肌の方に向いています。精油は皮膚刺激があるため、キャリアオイル(ホホバオイル・オリーブオイル・アルガンオイルなどの植物油)に数滴混ぜ、頭皮をマッサージするオイルとして使用しましょう。その後、シャンプーをして洗い流すと健やかな頭皮を保つのに役立ちます。

 

レフィーネアイテムのレモングラスアロマ

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネでは香り付けに精油を使用しています。ヘッドスパトリートメントカラーには10種類の天然アロマが使われており、レモングラスも使用されておりますので柑橘系の香りがします。

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

 

レフィーネ カラーセーブシャンプー レモングラスの香り

数量限定で年間通じて販売をしておりませんが、ヘアカラーの染めた色を長持ちさせるための「カラーセーブシャンプー」の限定品「レモングラスの香り」が人気です。通常品はローズの香りでこちらも天然アロマを使用しています。レモングラスも同様で、天然アロマを100%使用しているため、大量に製造できないのです。香りはレモングラス精油そのままのやさしい香りですので、人工的な香りが苦手な方や、香りにこだわりたい方にはピッタリです。限定品としては他に「ラベンダーの香り」もご用意しております。こちらも製造本数限定ですので年間通じて販売できないのが残念です。

レフィーネの商品は香りも天然のものを使用しております。強い香りの苦手な方は是非お試しください。

 

*****

ヘアケア専門店レフィーネ