ジアミンアレルギーの心配がないのはレフィーネ

白髪染めは髪の中まで染めるから、髪を傷めてしまう!

ジアミンアレルギーについて、不安に思う方もいらっしゃるのでは。染まりの仕組みをきちんと知って、白髪染めを選べば安心ですよね。

一般的な白髪染めといえば、クリーム剤と液剤などの2つの液剤を混ぜて使うタイプ。ドラッグストアで売られているのがよく知られていますよね。

このタイプは2つの液剤が化学反応を起こすことによって、毛髪の中で発色するもの。その正体はジアミン系の色素中間体(パラフェニレンジアミン、等)と過酸化水素(アルカリ剤)です。この二つが混ざることにより、酸化されて発色します。

ジアミンは茶褐色に染めるためには必要な染料なのですが、白髪は白いものをしっかりと染めますので、量も多く、白髪染めを続けていくとアレルギーを発症して肌荒れしたり、ひどい場合にはアナフィラキーショックを起こすことがあります。

また、過酸化水素は髪の中にあるメラニン色素を壊して脱色する働きがあります。日本人の黒髪でも、脱色できるほど強いものなので、明るい色に染めることが出来るのです。

しかし過酸化水素の酸化力は、紙の表面をおおって保護している「キューティクル」の膜を壊して浸透し、髪の内部のタンパク質の組織をも壊してしまうのだそうです。

これが、白髪染めを使い続けると髪が痛む原因となります。

ジアミンアレルギー以外に気をつけること

上で説明したとおり、色素中間体はアレルギーを起こす元になることがあります。しかし、普段はジアミンアレルギーのない人も、アレルギー反応を起こす可能性があることがあります。

それは、抗生物質を飲んでいるとき。

抗生物質と色素中間体の成分が似た構造をしており、体内に大量の抗生物質がある際に、体の表面からも似た構造の物質が入ってくると、一気にアレルギー反応が出ることがあるのです。

ですから、やめておいたほうがいいのは風邪が治った直後の白髪染め。飲んでいた風邪薬に抗生物質が含まれている可能性があるかもしれないので、注意しましょう。抗生物質は2日くらい体内に残るので、2剤式の白髪染めを使用する際には数日おいてからにすると良いでしょう。

ジアミンフリー・トリートメントで白髪をカラーリングする「レフィーネ」

風邪が治って気分転換で白髪染めを・・・という場合には、ジアミンアレルギーの心配がない「レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー」がオススメです。

ジアミンアレルギーの心配がないレフィーネ

レフィーネは、カラートリートメントです。色素中間体と過酸化水素の化学反応で染色するのではなく、髪の表層部に色を重ねていって白髪を目立たなくしていくカラーリング方法。キューティクルが壊されることもないので、美しい色とツヤを取り戻すことが出来ます。

また、2剤式のような強いニオイもなく、アロマの香りがします。体調不良から復活したときの気分転換にはうってつけのカラーリング方法です。

ぜひ、お試しくださいね。

 

【ジアミンアレルギー】になってしまったら

ヘアカラーや白髪染めでお肌が荒れてしまったら、すぐに使用を中止しましょう。もしアレルギー症状が出てしまった場合は、すみやかに医師の診察を受けることをおすすめします。