こんにちは。

ヘアケア専門店レフィーネです。

ヘアケアと聞いてまず浮かぶであろう、定番ともいえる「トリートメント」。感想が気になる今の時期、髪の保湿ケアとしてこの冬欠かせないアイテムです。

さて、みなさん。

「洗い流す」タイプと、「洗い流さない」タイプ。この2つのトリートメントを正しく使い分けられていますか?

両方とも髪の補修効果とプロテクト効果を持っていますが、2つのトリートメントは、そもそも役割が違うのです。

洗い流すトリートメント=インバス・トリートメントは「傷んだ髪の補修」に特化しています。お風呂の中で使いますので、髪は水気を含んでおり、キューティクルが開いている状態です。補修成分が内部まで浸透し、傷んだ部分をケアします。しかしその分強い成分も含まれていることもあり、洗い流す必要があります。

一方、洗い流さないタイプの役割は、「髪のダメージ予防」がメイン。お風呂以外で使うのでアウトバス・トリートメントとも呼ばれます。髪1本1本画トリートメントの成分でコーティングされて、ドライヤーの熱や紫外線、摩擦によるダメージを防いでくれます。

「髪の補修」と「ダメージ予防」を同時に行うためには、どちらかだけではなく2つのトリートメントを併用するのがおすすめです!

<インバス> レフィーネ トリートメント

トリートメント 商品詳細はこちらから

植物由来の成分が髪の傷みを補修し、潤いを与えて柔らかくサラサラ中身に仕上げます。トリートメントなのにノンシリコンで安心です。

<アウトバス> レフィーネ 洗い流さないトリートメント

洗い流さないトリートメント 商品詳細はこちらから

3つの植物性オイルが髪をコートし、潤いを中に閉じ込めます。ブロー前に使うとしっとりまとまる髪に仕上がります。カラートリートメントを使用した翌朝にもぜひお試しください。

当店の2種類のトリートメントも、ぜひ合わせてお使いくださいね。

safe_image

白髪染めとヘアケアのことならヘアケア専門店レフィーネ

楽天市場店
Yahoo!ショッピング店