白髪を発見してしまった・・・。その衝撃と共に初めての白髪染めは戸惑うことも多いと思います。

34e4731ba409c5df2fdac696ce9df877_s

自分に合った白髪染めはどう探せばいいの?

白髪染めって、アレルギーは出ないの?

髪と身体に優しい染毛料ってなに?

そんな、不安や疑問に、レフィーネがお答えします!

ヘアカラーは大きく4つに分かれています

染毛剤とは永久染毛剤、脱色剤のこと。ヘアダイ、2剤式白髪染めなど。染毛料とは半永久染毛料、一時染毛料のことで、ヘアカラートリートメント、ヘアマニキュアなど。

まず、ヘアカラーは、「染毛剤(医薬部外品)」と「染毛料(化粧品)」に分けられます。

染毛剤は、さらに「永久染毛剤」(ヘアカラー、ヘアダイ、2剤式の白髪染めなど)と、「脱色剤・脱染剤(ヘアブリーチなど)」に分かれます。

染毛料は、「半永久染毛」(ヘアマニキュア、カラーシャンプー、ヘアカラートリートメントなど)と、「一時染毛料」(ヘアファンデーション、カラースティックなど)に分かれます。

広く一般的な「永久染毛剤」

最も広く知れ渡っているのが、ヘアカラー、ヘアダイなどに代表される永久染毛剤といわれるもの。髪を脱色し、同時に色を入れます。髪の内部に浸透するため、永久的に色落ちしませんが、やはり髪や地肌へのダメージが気になります。またこの染毛剤を継続して使用することでジアミンアレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃいます。ジアミンの入った染毛剤は発色が良いですが、ジアミンアレルギーは一度起こしてしまうと、二度と使えません。

髪の色素(メラニン色素)を抜く「脱色剤」

次に多く使われているのが脱色剤(ヘアブリーチ・ヘアライトナーなど)です。髪の中にあるメラニン色素(黒色)を脱色し、髪を明るくします。色を抜いてしまっているのでこちらも効果は永久的。

頭皮と髪に優しい「半永久染毛料」

髪や肌へのダメージが嫌な方、敏感肌の方にオススメ。髪と頭皮の内部へ浸透しないためダメージはほとんどありません。バリエーションも幅広く、たくさんの製品があります。「レフィーネ」はこのカテゴリーの製品です。同じカテゴリーでも頭皮につけてはいけないトリートメントも多いですが、「レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー」は頭皮ケアが出来ますので、安心して頭皮につけていただいてかまいません。根元からしっかりと染め上げることが出来ます。

“その時だけ”色をつける「一時染毛料」

着色剤を髪の表面に一時的に付着させるもの。着色は一度のシャンプーで色が落ちますが、髪の内部に浸透しないためダメージを気にせず使用できます。しかし一時的なものなので、汗や雨で色が落ちることもあります。

継続して使う白髪染めは髪と身体に優しいものを

白髪染めは長い付き合い。髪と身体に負担の少ないものを選びましょう

白髪染めは髪が伸びてくるたびに、何度も使用しなければいけないもの。使用を重ねるごとに白髪だけではなくダメージや細毛・薄毛など新たなトラブルに悩まされることも。ジアミンアレルギーも同様です。このような思考から、いま流行しているのが白髪染めトリートメント(カラートリートメント)。継続するものだから、髪や頭皮にやさしいものを使いたい、そんな背景から話題を集めているのです。

美容院の回数を減らすことも可能。合間に使っても。

毎月かかる美容院の費用は1年間を通してみるとかなりの出費になっているもの。また家事に仕事に忙しく、なかなかまとまった時間がつくれないという意見も。そんな声から生まれたのが白髪染めトリートメント(カラートリートメント)。家で簡単に染められるし、使いきりじゃないから経済的。時間とお金の両方を節約できる点も流行の一つの理由です。

白髪染めの選び方のポイント

染まりが強くなればなるほど、髪や頭皮へのダメージも強くなりがち。一般的な2剤式からヘッドスパ出来るものまで、使用感はさまざま。

使用頻度や仕上がりなど、自分の中で「優先順位」をつけて選ぶことが大切です。

カラートリートメントをお選びのアナタには「レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー」がオススメ。

髪と頭皮に優しいカラートリートメントは「レフィーネ」

↓↓↓↓

\今、開催中の特集・キャンペーンはこちらから/

白髪染めとヘアケア、スキンケアのことなら
【レフィーネ公式ストア】

各種モールでもお買い物できます
レフィーネ公式ストア楽天市場店
レフィーネ公式ストアYahoo!ショッピング店